• トップ
  •  > 
  • データセンターのサーバーを復旧する際はワンストップ対応が理想的

データセンターのサーバーを復旧する際はワンストップ対応が理想的

データセンターは会社の業務システムを支える役目を担っています。

昨今の業務システムはネットワーク経由でアクセス出来るように、サーバーへインストールされているからです。

サーバーは高級でデリケートな機械であるため、理想的な場所で運用したいとユーザーは考えます。

そしてオフィス内にサーバールームが存在していない会社はデータセンターを頼っているのです。


■ハードディスクが壊れるリスク

サーバーをデータセンターに預ければ延命効果が期待出来ます。

しかしサーバーも生物と同じ様に時間が経過すれば動かなくなってしまうのです。

停止する原因は様々ですが最も多いのはハードディスクの故障だと言われています。

ハードディスクはコンピュータにおける心臓部で最も壊れ易い機器です。

そしてハードディスクが壊れると蓄積されてきたデータが消失します。

新品のハードディスクへ交換しても元の状態に戻らないのです。


■データ復旧の備えをしていない場合

ハードディスクが壊れた時のデータ復旧のため、データバックアップを行う事が推奨されています。

しかし全てのユーザーがサーバーのデータバックアップを行っているわけではありません。

リストアするバックアップデータが存在しなければ、データ復旧をする事は不可能です。

その前提を覆す存在が近年になって成長しています。

それはデジタルデータリカバリーをはじめとしたデータ復旧を専門に行っている業者です。


データ復旧業者へ依頼する事で、物理的に壊れたハードディスクからデータを回収出来る可能性があります。

手動で設定入力するよりもサーバーの復旧をスピーディーに行えるのは確かです。


■ワンストップ対応の業者が理想的

代替え機が存在しない限りサーバーが故障している間は搭載されているシステムを利用出来ません。

現代においてシステムが利用不可能な事は大きなデメリットになります。

データ復旧に時間を要するのは確かですが短いに越した事はありません。


素早い対応をデータ復旧業者に望むなら、ワンストップ対応のサービスを用いるべきです。

ワンストップ対応とは自社の設備とスタッフだけで対応出来る事を指します。

業者の中には別の会社のサービスを用いる場合があります。

その時はハードディスクが業者間を行き来する事になるので、対応速度が大きく落ちるのです。


それに対してワンストップ対応の業者は、ハードディスクがたらい回しにされる事がありません。

スピード解決を体現しているワンストップ対応のデータ復旧業者を選ぶべきなのは当然だと言えます。


ページトップへ