• トップ
  •  > 
  • データセンターにデータ復旧の専門スタッフを呼ぶ

データセンターにデータ復旧の専門スタッフを呼ぶ

データセンターで預けているサーバーが壊れると、搭載されているシステムが利用不可能になってしまいます。

その時には代替え機の準備やデータ復旧の手順を考える事が大切です。


しかしベストなのはサーバーが壊れた時の対応を事前に考える事だと言えます。

サーバーは非常に重い役割を担っているため、スタッフが冷静に対応出来るとは限りません。

冷静さを欠く事によってより大きなトラブルを招いてしまう事さえあります。

だからこそサーバーの故障対応の手順を確立しておくべきなのです。


■RAID構成を組む

サーバーの故障原因で最も恐れるべきはハードディスクのトラブルです。

ハードディスクはデータを保存する性質を持っているため、他の部品が壊れた時よりも対応が難しくなります。

しかしハードディスクが壊れても即座にデータ復旧出来る技術が存在するのです。

RAID構成と呼ばれるもので複数のハードディスクを準備する事で可能になります。

RAID構成を組めばハードディスクの故障も怖くありません。


■リビルドの代行サービスを用いる

RAID構成においてハードディスクのデータ復旧をする事はリビルドと呼ばれています。

リビルドは手順さえ知っていれば誰でも行える作業です。

しかし逆に言えば僅かな手順違いがあるだけで、サーバーのハードディスクのデータ復旧は失敗してしまいます。

そして重要システムが運用されているサーバーにおいてデータ復旧が失敗すれば、関係している者が損害を受ける事になるのです。


そのリスクを考慮するならデータ復旧業者のサービス利用も選択肢に入れるべきです。

日頃からリビルド作業の代行を行っているデータ復旧業者であれば責任ある仕事を期待出来ます。

RAIDのデータ復旧に対応している業者は多くありませんが、RAID対応の専門チームを持つデジタルデータリカバリーは業界でも有名企業です。


■出張作業費用が必要になる

しかし本来のデータ復旧業者は郵送されたハードディスクやコンピュータを受け取り、自社で全ての作業を行っているのです。

そのためデータセンター内でのRAIDのリビルド作業を依頼するなら、出張作業費用が必要になる事があります。

つまり通常のサービスを行使した時よりも出費がかさんでしまう可能性が高いのです。


リビルド代行サービスはリーズナブルな価格だと言われていますが、出張が必要になる事で料金が上がります。

早急な対応を心掛けていると料金の事を忘れがちです。

データ復旧作業が完了した後で驚く事がないように、見積もりを済ませておくべきだと言えます。

それはデータ復旧に必要な費用を調べておくという事でも意義のある行為です。


見積もりの確認はデータ復旧業者へ頼む事で達成出来ます。


ページトップへ