• トップ
  •  > 
  • 名刺データを復旧する方法

名刺データを復旧する方法

会社は商材を顧客へ販売する事で利益を得ていますが、成果を出すには営業を行わなければなりません。

営業はいきなり仕掛けても成功する可能性は低いため、顔見知りになった相手へ優先的に仕掛けるのが定石だと言われています。


その際に役立つのは名刺です。

名刺交換をした相手は会社間のやり取りがあったという事なので、会社で名刺を管理する事によって業績を向上させられる可能性があります。

少なくとも飛び込みで営業を繰り返すよりは効率的です。

最近では名刺管理をパソコンのアプリケーションで行うようになっています。


■ハードディスクが壊れると入力した名刺のデータが失われる

名刺管理のソフトウェアを用いる事によって、名刺を管理し易くなるのは確かです。

ソート機能や絞り込み機能を用いて、営業戦略に応じた顧客を選ぶ事も出来ます。

しかし名刺管理のソフトウェアで生成されたデータがハードディスクに保存される事は気をつけなければなりません。


ハードディスクは経年劣化によって故障するリスクがあり、その場合には集積されているデータが全て失われます。

名刺はメールアドレスや電話番号も記載されているので、一つ入力するのに数分は消費するのです。

会社で集めた名刺のデータが全て消失した場合には、今までの努力が水泡に帰します。


■名刺管理ソフトはデータ復旧が可能

しかし名刺管理ソフトを作成したメーカーもその点は理解しています。

名刺管理ソフトが登場したばかりの頃のソフトウェアでも、データバックアップ機能を備えている製品があるのです。

データバックアップとリストアの機能を使用すれば、ハードディスクが壊れても名刺データを復旧する事が出来ます。

データ復旧作業に必要な備えであるバックアップを怠らなければ、ハードディスクが壊れても再び手入力しなくても済むという事です。


■バックアップデータは名刺管理ソフトとは違うメディアで管理する

名刺管理ソフトのデータ復旧は便利な手段ですが、バックアップデータの保存先のせいで使用出来ない事があります。

それは名刺管理ソフトをインストールしているハードディスクにバックアップデータを保存した場合です。

ハードディスクが壊れると名刺管理ソフトに関係しているデータ以外も消失します。

バックアップ作業を定期的に行っていても、ハードディスクの故障と同時に失われては意味がありません。

よってバックアップデータの保存先を探しておく必要があります。


データ復旧用のバックアップデータを保存する時に便利なのは外付けハードディスクです。

十分な容量と携行性を備えている外付けハードディスクは、バックアップデータの保存先にぴったりだと言えます。


ページトップへ