• トップ
  •  > 
  • 名刺データを保存しているハードディスクが壊れた場合

名刺データを保存しているハードディスクが壊れた場合

名刺交換は相手と信頼関係が無ければ行う事は出来ません。

そのため所有している名刺に書かれている連絡先へ電話していくという営業戦略もあります。

見知らぬ相手に電話をかけるよりも実を結ぶ可能性が高いのは確かです。

それを効率的に行うため名刺管理ソフトが開発されました。


紙媒体では管理が大変なのでパソコン上のデータに変換するのです。

名刺管理ソフトはビューワーに関する機能も充実しており、条件指定検索や並び替えを行う事も出来ます。

ただし名刺管理ソフトはパソコンへインストールする製品が大半です。

ハードディスクが壊れてデータが消えてしまうと、入力した情報が全て消失してしまいます。


■名刺データの詰まったハードディスクが壊れる原因

名刺データが入力されているハードディスクは、論理障害と物理障害のリスクに晒されています。

論理障害はハードディスクへの読み書きが原因で発生するトラブルであり、物理障害はハードディスク本体が壊れている事です。

どちらかといえば物理障害の方が大きなトラブルになります。

なぜならハードディスクは細かな作りになっているため、通常の環境下では再起動する事さえ難しいからです。


■ハードディスクを再稼働してバックアップデータを取得する

名刺データの入力に多大な時間が必要なら、バックアップデータを取得する事を最優先すべきです。

最近の名刺管理ソフトは自動バックアップ機能があります。

しかし初期型の名刺管理ソフトはその限りではありません。

そのためデータ復旧を意識していない人種が、名刺管理ソフトを利用していると物理障害が発生した時に困る事が多いのです。


物理障害のせいでハードディスクのデータ復旧が行えないなら、専門の業者へ依頼するのが妥当な選択だと言われています。

物理障害のデータ復旧といえばデジタルデータリカバリーが有名です。

塵や埃の侵入を防ぎ、安全にハードディスクを開封できるクリーンルームでの作業や、優れたスタッフにより業界一位の高い復旧率を誇ります。


■一部の名刺データしか失われていない場合

少し前のバックアップデータなら残っているという事があります。

最新の状態へ戻すには僅かな入力作業で済むというケースです。

その時にはバックアップデータをリストアしてから、不足分を手入力で補うというやり方もあります。


バックアップデータをリストアするデータ復旧手順よりも負担は大きいですが、データ復旧業者のサービスを利用した時よりも経費が安ければ考慮する余地はあるのです。

データ復旧業者の上質なサービスが利用されるのはデータが高い価値を持つからになります。

少数の名刺データしか復旧しないのであれば、データ復旧業者のサービスの価値と見合っているとは限りません。


ページトップへ