• トップ
  •  > 
  • コールドスタンバイ方式のメールサーバーのデータ復旧をする

コールドスタンバイ方式のメールサーバーのデータ復旧をする

顧客に対する営業や社内への業務連絡をする際、メールソフトは多大な効果を発揮します。

しかしメールソフトはサーバーに依存しているため、サーバーが壊れれば停止してしまうのです。

そのリスクを完全に消す事は不可能なので、設定データをバックアップする等の対策をする事で復旧時間を短くします。

ただしハードディスクが壊れてしまったサーバーは、メーカーへ郵送しなければなりません。


代替え機の準備をメーカーに依頼する事は出来ますが、発送が完了するまでメールソフトが利用不可能になります。

現代において何日間もメールソフトが使用出来ないのは致命的です。

そのためメールサーバーを所有している企業の中には、予備機を準備しておく事があります。

予備機に設定データをリストアするだけで、メールサーバーのデータ復旧が済ませられる仕組みを作るためです。


■サーバーを停止させた状態で管理する方法

予備のメールサーバーを管理する方法は大別すると二種類ありますが、多くの企業が採用しているのはコールドスタンバイ方式です。

コールドスタンバイ方式とは予備機のメールサーバーの電源を落として保管する事を意味します。

ただしデータが何も入っていない状態の予備機を置いておくわけではありません。

データ復旧を最低限の手順で完了出来るように、必要ソフトをあらかじめインストールしておきます。


データ復旧する時にリストアするバックアップデータは、容量が小さいほど作業時間を短く出来るからです。

最新の状態のメールサーバーの設定データをバックアップしておけば、コールドスタンバイ方式は極めて短い時間でデータ復旧を行えます。


■コールドスタンバイ方式は故障に気づき難い

予備のメールサーバーを準備する事によって、会社はメールソフトを安定して利用出来るようになります。

しかしコールドスタンバイ方式を用いる場合には注意点があるのです。

まずメールサーバーを保管する場所については、埃が堆積している場所は避けるべきだと言われています。

精密機械であるサーバーは空気中のゴミが多い場所に置いておくだけで、大きな負担を与えられているからです。

メーカーが発表しているサーバーの推奨環境を参考にして、予備機を管理すべきだと言えます。


そして万全の備えをしていても予備のメールサーバーが動かない事があるのも事実です。

メールサーバーが動かないとデータ復旧の手順を行う事が出来ません。

サーバーの故障に対する備えは通常のパソコンよりも厳重ですが、何もしていないにも関わらず部品に不良が生じてしまう事があります。

それは機械の宿命の様なものなので定期的に電源を入れて確認するしかありません。

定期的に電源を入れれば前述したリスクは避けられます。


ページトップへ