• トップ
  •  > 
  • データセンターでコールドスタンバイ方式を用いる場合のデータ復旧

データセンターでコールドスタンバイ方式を用いる場合のデータ復旧

電源を落とした状態のコンピュータを予備として運用する事を、コールドスタンバイ方式と呼びます。

コールドスタンバイ方式は重要なコンピュータが壊れた時の備えに用いられる手段です。

特に用いられるケースが多いのはデータセンターだと言われています。


データセンターはサーバーを運用するための最適な環境を備えており、主に企業が利用している設備です。

最適な環境でもサーバーが壊れてしまう可能性はあるため、予備のサーバーを一緒に置いておきます。

そうする事で復旧速度を飛躍的に高める効果があるのです。


■サーバーの交換のやり方

予備のサーバーは普段使用していないため、中に保存されているデータが古い状態です。

壊れてしまった本番機の代わりに接続するだけでは、運用状態にする事は出来ません。

本番機から定期的に取得しておいたバックアップデータをリストアする必要があるのです。


■本番機を修理してからデータ復旧する

壊れた本番機を早急に修理する必要があります。

代わりに稼動させている予備機が壊れたら、コールドスタンバイ方式を用いて築いた優位が失われるからです。

部品が多重化されている構造のサーバーで多い故障原因は、ハードディスクの経年劣化になります。

その際は保守契約を結んでいるサーバーのメーカーに郵送するのが第一です。


サーバー機は修理されてから送り主へ返送されます。

しかしハードディスクに保存されていたデータは消失しているのです。

ハードディスクの故障は交換対応をしており、データの有無は保証対象外になります。


予備機で取得した最新のバックアップデータをリストアする事が必要です。

リストアに成功したら本番機と予備機を交換して以前の状態に戻します。

以上がデータセンターへ導入したサーバーのデータ復旧作業です。


■データ復旧の備えにはデータバックアップ作業が不可欠

データ復旧を実行する時はバックアップデータを準備しなければなりません。

仮にバックアップデータを取得していない場合には、データ復旧を行う事が不可能なのです。

故障したハードディスクからデータを取り戻す事は、通常の環境では不可能だからです。

バックアップデータを取得する業務フローを作成しておけば、そのリスクを解消する事が出来ます。

データ復旧に必要なのは事後の対応をする際の手順を考えておく事だけではありません。


サーバーを運用するために必要なデータをバックアップする事が肝要になります。

バックアップデータの取得が重要視されているのは、もしもの時のデータ復旧に必要だからです。


ページトップへ