• トップ
  •  > 
  • データセンターでホットスタンバイ方式を用いる場合のデータ復旧

データセンターでホットスタンバイ方式を用いる場合のデータ復旧

データセンターに普通のサーバーを持ち込む事は稀です。

サーバーには重要なシステムがインストールされており、顧客やスタッフがアクセスします。

多くの人が関わる事になるので障害が発生した時のダメージは甚大です。


サーバーは部品の多重化によって運用リスクを下げていますが、ハードディスクが壊れれば障害に発展します。

そのためハードディスクが壊れた時の備えをするのが通常です。

データセンターはサーバーを運用する上で必要な環境を提供します。


しかし高品質なサービスを利用しない限り、臨機応変な対応をしないのが通常です。

サーバーが壊れても対応するのは持ち主の意向に沿います。

つまり壊れた時は独力で対応しなければならないという事です。


■ホットスタンバイ方式で運用する

サーバーのハードディスクが壊れた時に効果的なのが、ホットスタンバイ方式を採用する事です。

ホットスタンバイ方式とは予備の同型サーバーを準備しておき、障害の時に限り交換して対応します。

切り替え器を使って即座に操作端末をチェンジすれば、複数のマウスとキーボードを準備しなくても大丈夫です。

バックアップデータをリストアすれば、代替え機のサーバーとして稼動します。

データ復旧の過程が単純明快なので人気です。


■ホットスタンバイ方式にする理由

代替え機を準備する時にはコールドスタンバイ方式を採用する手段もあります。

ホットスタンバイ方式とは違って電源が点灯していません。

それだけの違いなのでコールドスタンバイ方式を選びたいと考える人が存在するのも事実です。

なぜならホットスタンバイ方式の方がエネルギーを消費してサーバーが老朽化します。


普段は電源を入れていないコールドスタンバイ方式にメリットがあると考えるのも当然です。

しかしコールドスタンバイ方式を採用していると、サーバー機が知らない間に壊れている事があります。

それに対してホットスタンバイ方式は電源が消灯している事に気づければ、即座に代替え機が故障している事を確認出来るのです。


■データ復旧用のバックアップデータの取得が問題

ホットスタンバイ方式で運用する時、バックアップデータの取得方法が問題になります。

RAID構成とは違ってデータ復旧用のバックアップデータを稼働し続けている方から取得するのが難しいのです。

突然壊れてしまった場合にはデータ復旧用のバックアップデータ回収が極めて難しくなります。


バックアップデータの有無を問題にしたくないのであれば、日頃からデータセンターのサーバーへアクセスしてバックアップを行うべきです。

ネットワークで接続されているため、端末の前にいなくてもデータ復旧の備えのバックアップデータを取得出来ます。


ページトップへ