• トップ
  •  > 
  • SDカードのデータが消えてもあきらめてはいけない

SDカードのデータが消えてもあきらめてはいけない

デジタルカメラやビデオカメラ、そして様々なデータの受け渡しのために最近使用される主流のメディアとなったのがSDカードです。

SDカードはプラスティックのケースで媒体が保護されているのでCD-ROMなどと比べると比較的データはクラッシュしにくい媒体といえますが、デジタルカメラを使用していて画像閲覧中に操作を誤って画像を全て削除してしまったり、カメラを落としてしまって、SDカードのデータが全て消えてしまうといった体験をして事がある人も多いはずです。


また、パソコンにデジタルカメラを接続してデータを移す際に、作業終了後に安全な取り外しをしないで機器を取り外した場合にもデータが壊れるといったことが起こりえます。


■SDカードからデータが消えても復旧できる

SDカード内のデータが全て消えてしまった場合、もう元に戻すことが出来ないとあきらめてしまう人がほとんどです。

ですが、SDカードのデータを復旧させる方法はあるのであきらめてはいけません。

SDカード内のデータを復活させることが出来る復元ソフトがフリーソフトや有料ソフトで多数存在するのでこれらのソフトを使用すればデータを復元させることができる場合があります。

ですが、注意が必要なのは、データが消えてしまったからといってあきらめて、データを上書きしてしまったりするとそれ以前のデータが消えてしまうので復元することができません。

また、SDカード自体が壊れている場合にも復元させることは出来ないので注意が必要です。


■復元ソフト使用時の注意点

復元ソフトを使用してデータを復活させるために、心がけることは、

・SDカードのデータが無くなったらすぐにSDカードを取り出してデータの上書きをしないようにする。
 また、SDカードに物理的な衝撃などを与えてデータを破壊させないようにする

・SDカードをフォーマットしない

・データが消えたことに気づいたら、即座にデータ復元ソフトを使用する

ということです。


データ復元は時間との戦いともいえます。

早ければ早いほど復元する確率は上昇して、後回しにしていると思わず消失したデータがはいったSDカードを使用して上書きしてしまうといった事態を引き起こしてしまいます。


SDカードのデータが消えてしまった場合にはとてもあせってしまいますが、落ち着いてSDカードに衝撃などを与えず、また、データの上書きなどをしないように注意して、復元ソフトを使用してデータ復旧を試みてみることがお勧めといえます。


ページトップへ