• トップ
  •  > 
  • フルバックアップデータを使ってデータセンターのサーバーを復旧する

フルバックアップデータを使ってデータセンターのサーバーを復旧する

データセンターに預けているサーバーは、ネットワーク回線で接続されています。

データセンターの強力な回線サービスを用いるのは、サーバーが重要な役目を担っているからです。

それが壊れた時の所有者は大損害を被る事になります。


サーバーの故障で最も恐ろしいのはハードディスクの停止です。

サーバーの運用で手を尽くしていても、ハードディスクが壊れてしまう事はあります。

それを絶対に避ける方法は存在しないので、ユーザーはバックアップデータを定期的に取得するのが大切です。


■バックアップデータの取得方法

サーバーは様々なシステムが動作しており、多数の人間がアクセスしています。

そのためハードディスク内のデータは常に変動しているのが特徴です。

しかしデータの全てが貴重だとは限りません。サーバーに蓄積されるデータは履歴類ですが、それを特別必要としていないユーザーも存在しています。その場合にはフルバックアップによる対応を行うのがベストです。


サーバーの前で何か特別な作業をする時に、フルバックアップをしておけばユーザーが望む状態に戻す事が出来ます。

何より無駄なバックアップデータを増やさなくても良いという利点があるのです。


■データ復旧の手順

データセンターでサーバーが壊れた場合には、故障品をメーカーへ郵送しなければなりません。

サーバーは高級品なので大半のユーザーが保守契約を締結しています。

それを用いればハードディスクを最初の状態に戻せるのです。


しかし壊れる前に残っていたデータを取り出す事は、メーカーの修理対応のメニューに含まれていません。

そのためにフルバックアップによってリストア用のデータを取得しておくのです。

フルバックアップによって得たデータをリストアすれば、修理が完了したサーバーはデータ復旧をする事が出来ます。

データ復旧を行わないと以前と同じ状態に設定するため、多大な労力を強いられる事になるのです。


■フルバックアップによるデータ復旧のデメリット

フルバックアップによる対応をする事で、データ復旧作業の時間を削減出来るのは間違いありません。

しかしフルバックアップに必要な時間は膨大という欠点があります。

常日頃からデータ復旧のためにバックアップデータを取得していると、データ復旧の手間が減ってもバックアップの負担が大きくなるのです。


よって頻繁に設定データを書き換えているのであれば、フルバックアップは必ずしも正解ではありません。

データ復旧における作業時間はバックアップとリストアの作業時間を加えた値だからです。


ページトップへ