• トップ
  •  > 
  • ハードディスクの故障に備えて行うべきこと

ハードディスクの故障に備えて行うべきこと

パソコンの挙動がおかしい事があります。その際に最もトラブルが多いのは内蔵されているハードディスクです。

ハードディスクは常にデータの読み書きが行われている状態なので、パソコンの部品の中でも消耗度が高いと言われています。


仮にハードディスクの動作に疑いが生じている場合には、筐体に付いているハードディスクのアクセスランプを確認すべきです。

正常な場合のアクセスランプは情報の読み書きが行われる度に点滅を繰り返します。

点灯が保持されている状態だと高確率でハードディスクの故障が発生しているのです。


■ハードディスクは部品交換では直らない

通常の機械は故障している部品を交換する事によって復旧します。

しかしパソコンのハードディスクは例外的な存在です。

パソコンが様々な場面で活躍するようになったのは、データを蓄積出来るという特性を持つからだと言えます。

それを担当しているのがハードディスクです。


新品のハードディスクは何も情報が書き込まれていない状態なので、壊れる前のデータを戻さなければ性能を発揮する事は出来ません。

だから通常のパソコンの部品と違って、壊れていない部品への交換に加えてバックアップデータのリストアが必要になります。


■バックアップデータの種類について

ハードディスクのデータバックアップは大別すると2つのやり方があります。

それはパソコンの重要な情報であるレジストリファイル等を保存する方法と、ハードディスクに保存されているデータを丸ごとバックアップする手段です。

前者の方法はリカバリーソフトによって復旧したOSへ重要情報を加える事で、壊れてしまう前に近い状態へ戻す事が出来ます。

近い状態と形容したのはパソコンのアプリケーションで作成したデータが、バックアップ対象に含まれていないからです。


よってアプリケーションで重要なデータを生成している場合には、手動でバックアップを行っていく必要があります。

その欠点をカバーしたのが後者の丸ごとバックアップするやり方です。

これはパソコンに保存されているあらゆるデータをバックアップ出来るため、余計な事を考えずに予備の情報を生成出来ます。

問題はパソコンに保存されている情報量が多いと、バックアップ作業が大きな負担になるという点です。


■バックアップデータを保存する場所の注意点

そしてバックアップのデータを保存する時に大切なのは、データを保存する記憶媒体の選択です。

壊れたら大きな問題になるハードディスクのデータをバックアップするのは良い事ですが、同一の記憶媒体に保存していたらリスク分散する意味がありません。バックアップしたデータへアクセスする事が出来なくなってしまうからです。

それを避けるためにはバックアップデータを保存するための記憶媒体を別に準備すべきだと言えます。


以上の様に多少の工夫をするだけでパソコンのデータ修復の成功確率は上昇します。


ページトップへ