• トップ
  •  > 
  • メールサーバーをRAID1構成にしている場合のデータ復旧

メールサーバーをRAID1構成にしている場合のデータ復旧

会社でメールサーバーを稼働する場合には、安定させる事が重要だと言われています。

機密性を高めるためにメールサーバーを導入するのはいい考えですが、利便性が維持されなければ意味がありません。


現代における仕事のやり取りはメールソフトに頼りきっているため、それが失われた時は会社全体の業務に支障を来たします。

それは社外へ迷惑をかける事にもなるため信頼を失ってしまう事もあるのです。


■メールサーバーをRAID1構成にする

メールサーバーのデータ復旧を行いたいならRAID1構成が便利です。

2台のハードディスクを準備する必要はありますが、片方のハードディスクが壊れても運用を継続する事が出来ます。

ハードディスクのデータ書き込みは並行して行われているため、データの差異が生じるという問題も起こりません。


ただしハードディスクの書き込みが同時に行われるため、多くの人が同時にメールソフトを利用すると重くなる恐れがあります。

しかしメッセージだけで構成されているメールは小さい容量なので心配ありません。

不安なら大きなファイルはアップロードサーバーを用いるという、社内ルールを設けるやり方があります。


■データ復旧を早急に行うべき

ハードディスクが故障しても運用を継続出来るため、RAID1構成はメールサーバーを使用する時に重宝されています。

しかしハードディスクが1台しか動いていない状態は早めに改善すべきです。

正常動作しているハードディスクが壊れれば、メールソフトは完全に使用不可能になってしまいます。

つまりRAID1構成を作り上げた意味が失われるのです。


RAID1構成で最初に必要なのはハードディスクの交換になります。

その作業を行う時は一時的にメールサーバーを停止させなければなりません。

よってデータ復旧の作業を行う時間帯は、人が少ない業務時間外を選ぶべきだと言えます。


ただしメールサーバーのデータ復旧作業を行う時は社内へ一報しなければなりません。

突然メールソフトが使用不可能になれば、業務時間外に仕事をしている社員が困る事になります。

■データ復旧業者の力を借りる

RAID1構成のデータ復旧作業は手順通りに行えばトラブルは起こりません。

しかしデータ復旧の作業が思ったように進まないと、作業時間が予定より延びてしまう事もあります。

その影響を受ける人が多いのであれば、データ復旧業者のリビルド代行サービスを頼るべきです。


データ復旧業者は物理的に壊れたハードディスクを修理する事を得意としていますが、RAID1構成のリビルドも手馴れているのです。

安心してメールサーバーの復旧を任せる事が出来るので、不要なリスクを抱えずに済ませられます。

ハードディスクの物理障害やRAID機器の復旧といえばデジタルデータリカバリーが有名です。


ページトップへ