• トップ
  •  > 
  • パソコン本体のリストアで名刺データ復旧をする方法

パソコン本体のリストアで名刺データ復旧をする方法

名刺リーダーと呼ばれる端末があります。名刺に向けて端末を操作するだけで、名刺のスキャンが完了する優れ物です。

スキャンしたデータはパソコンにインストールされている名刺管理ソフトで運用出来ます。

現代の名刺はメールアドレスが記載されているので、全ての情報を手入力する事は大変です。

そのため名刺管理ソフトを導入するのは少数の企業でした。

しかし名刺リーダーを併用する事によって、名刺管理ソフトは効率面も優れたツールに変化したのです。


しかしハードディスクに情報が集積する事は、新たなリスクが顕在化する事を意味します。


■ハードディスクが壊れた時のリスク

名刺管理ソフトを利用していると、ハードディスクが壊れてしまう事があります。

その時には苦労して入力した名刺データが全て失われてしまうのです。

優れた営業スタッフであれば千枚以上の名刺を所有しているのは珍しくありません。

それを再登録するのは間違いなく大変だと言えます。


ハードディスクの故障によるリスクを避けるためには、名刺管理ソフトに備わっているバックアップとリストアの機能が便利です。

念のためバックアップデータを取得しておくだけで、ハードディスクが故障した時にデータ復旧が簡単に行えます。


■名刺管理ソフトをアンインストールした場合のリスク

ハードディスクに不要なソフトが存在していると、使用し難くなるので整理するケースがあります。

その時に名刺管理ソフトを誤ってアンインストールすると大変です。

入力したデータごとアンインストールが実行されるリスクがあります。

そしてバックアップデータの取得を疎かにしていると、不足している名刺データを手入力しなければなりません。


バックアップデータのリストアだけで済むはずのデータ復旧作業は、手入力が加わるだけで大変な負担を強いられる事になるのです。


■名刺管理ソフトをアンインストールしてしまった場合

ヒューマンエラーによって名刺管理ソフトがアンインストールされた場合、名刺管理ソフトの機能を使わないでデータ復旧する手段があります。

それはパソコンに備わっているデータ復旧機能で元に戻す事です。


名刺管理ソフトを使ったデータ復旧は、登録されている名刺データだけを対象にしています。

それに対してパソコンのデータ復旧機能の対象は、ハードディスクに保存されているデータ全てです。

そのためデータ復旧機能を使用したせいで、作成したファイルが消えてしまう事もあります。

データ復旧機能を使用する前に重要なデータを避難させておく事が大切です。


名刺データが復旧しても他の事で問題が生じたら本末転倒になります。


ページトップへ