• トップ
  •  > 
  • データセンターで管理しているRAID1構成サーバーのデータ復旧

データセンターで管理しているRAID1構成サーバーのデータ復旧

データセンターでは主に企業がサーバーを預けています。

サーバーは利用環境によって寿命が短くなるからです。

企業の用いる重要システムの中には、停止する事が許されないものが少なくありません。

障害が発生する確率を下げるために、データセンターへ預ける事は妥当な選択だと言えます。


しかしデータセンターへ預けても、時には壊れてしまうのがサーバーです。

仮にサーバーの中に顧客が利用するシステムが導入されていたら、クレームに発展するリスクがあります。

障害が発生した時は直ぐに原状回復する用意が必要です。


■RAID1構成を用いる

データセンターでサーバーを預ける場合には、1台だけという制約はありません。

複数のサーバーを同時に預ける事も出来ます。

それはサーバーを使ってRAID構成を組めるという事です。

RAID構成は様々な種類が存在していますが、その中でも特に人気なのがRAID1構成になります。

RAID1構成は2台のハードディスクへ同時にデータを書き込めるので、片方が壊れてもデータ復旧する事が簡単なのです。


RAID1構成はRAID5構成では不可欠なパリティの存在を意識する必要はありません。

素人でも感覚的に理解出来るためRAID1構成が多用されているのです。


■ネットワークを使用したRAID1構成

データの量によりますがインターネット回線を用いたRAID1構成を組む方法もあります。

インターネット回線越しでサーバーを連結出来るため、複数のサーバーをデータセンターへ預ける必要はありません。

社内の環境で1台のサーバーを稼動しておくという体制にする事も出来ます。


ただし書き込まれるデータの量が多いと、データセンターの回線に負担をかけてしまう事があるのです。

データセンターの回線はサービスに応じて使い分けられている事もあり、回線の負担が大きい場合には上質なメニューを選ばなくてはなりません。


■データ復旧の手順を把握しておく

RAID1構成によってサーバーの復旧が行える事は間違いありません。

しかしRAID1構成はデータを複数のハードディスクへ保存するための仕組みになります。

壊れたハードディスクを放置しているままだと、1台でサーバーが運用されている状態と変わりません。

急いで壊れたサーバーを修理して、バックアップデータをリストアする必要があります。


壊れてから手順を確認するのではデータ復旧が遅れてしまいがちです。

事前にマニュアルを作成しておき壊れた時にサーバーの素人でも対応出来る状況にしておくべきだと言えます。

なぜならサーバーを導入した人間が担当者から外れていれば、データ復旧をスムーズに行う事が出来ないからです。


RAID復旧で多数の実績を持つデジタルデータリカバリーによると、あまり詳しくない担当者がマニュアルを頼りに復旧作業を行い、誤ったリビルドをしてしまい依頼になるケースが多いようです。

サーバー導入時から担当者が変わっている企業などは特に注意が必要と言えるでしょう。


ページトップへ