• トップ
  •  > 
  • データセンターで管理しているRAID5構成サーバーのデータ復旧

データセンターで管理しているRAID5構成サーバーのデータ復旧

データセンターの役割は預かっているサーバーを安定稼動させる事です。

サーバーは多くの人間がアクセスするシステムがインストールされています。

通常のパソコンは壊れた時に一人が影響を受けますが、サーバーは多くの人間が損害を被るのです。


サーバーも機械の一種であるため時間の経過で故障する事は避けられません。

だからその寿命を少しでも長く延ばすためにデータセンターの良質な環境が頼られるのです。

それでもサーバーがいずれ壊れる事は間違いないため、故障時の備えが必要になります。


■RAID5構成のサーバーについて

サーバーは普通の機械と同じ様にたくさんの部品で構成されています。

その一つが壊れてしまうだけで停止してしまいますが、大抵の部品は多重化の措置が取られているので安心です。


しかし多重化が施されていない例外的な部品も存在しています。

それはデータを保存する機能を備えているハードディスクです。

サーバーのハードディスクが壊れれば、システム全体が停止してしまいます。

ハードディスクの故障が最も起こり易いトラブルで、デフォルトの状態では防ぐのが難しいという事です。


サーバーのハードディスクを守るために、RAID5構成を採用する技術者が多いと言われています。

3台以上のハードディスクを使ってデータの保存を行う事で、1台が壊れても直ぐにデータ復旧を行えるからです。

最も信頼性のあるRAID構成の一種なので、サーバーを運用する時の定石と認知されています。


■RAID5構成のデータ復旧は準備が大切

RAID5構成は信頼性のあるシステムですが、正しい手順を行わない限りデータ復旧を果たす事が出来ません。

そしてRAID5構成を実際に組んだ技術者の中には、データ復旧作業に携わった事が無い人も存在するのです。

RAID5構成は障害が発生した時に役立つ技術なので、目の前でハードディスクが壊れない限り効果を発揮する事はありません。

そのため手順を知っていても経験が無いというケースは珍しくないのです。

失敗が許されないデータセンターへ預けられているサーバーなので、経験の無い人材へ任せるのは非常に危うい選択だと言えます。


■データ復旧業者のリビルドサービス

RAID5構成のデータ復旧作業の人材に不安を抱えているなら、データ復旧業者に頼る手段があります。

データ復旧業者は物理的に壊れたハードディスクを直すだけでなく、RAID構成のリビルド代行サービスも行っているのです。

特にRAID復旧で有名なのがデジタルデータリカバリーという会社です。

RAID専門のチームがあり、困難と言われてきたデータ復旧の実績を多く挙げています。


普通の技術者よりもリビルドの経験が豊富なので、サーバーのデータ復旧を行う時に心強い味方だと言えます。


ページトップへ