• トップ
  •  > 
  • SDカードのデータ復旧について

SDカードのデータ復旧について

デジタルカメラやゲーム機、携帯電話など、様々な電子機器で記録媒体として用いられているSDカードの中に入っているデータは、実は一度失ってしまうと復旧はかなり難しいです。


誤ってデータを消してしまった場合は、すぐにカードを本体から抜いて、データ復元ソフトなどを用いて復旧を試みれば復活することはありますが、落としたり、また割れたりと、物理的に破損してしまった場合は、データ復旧は出来ないことも。
特に、記録チップや回路がカード本体と一体化しているmicroSDカードは割れてしまうと、復旧は不可能です。


そのため重要となってくるのは、下記のようになるべくデータを破損しないような使い方をすることと言えるでしょう。


■なるべくmicroSDカードを使わない

先も述べましたがmicroSDカードは、壊れた際に取り返しがつかなくなる場合が多く、情報の信頼性という面では比較的に劣っているため、SDカードを使用出来る機器には、SDカードアダプタとmicroSDカードという組み合わせで使ったりせず、普通のSDカードを使用するようにしましょう。
それだけでデータの安全性は大きく上がりますし、microSDに比べて、SDカードのほうが安価かつ読み書きのスピードも早いため、なにかと快適になりますよ。


■カードリーダーを使わない

カードの抜き挿しの際、電子機器側に不安定な電流が流れている場合、SDカードの中の制御チップが壊れてしまう場合があります。
またSDカードの接地端子を酷使することも故障の原因になりますので、なるべく機器からの抜き挿しは止めて、カードリーダーではなく、USBケーブルなどで機器とパソコンを直接繋いでデータのやりとりを行うようにしましょう。


トラブルimage

最近のSDカードは耐久性も高く、比較的乱雑に扱っても、なかなか壊れることはなくなりました。
しかしそうは言っても、ちょっとしたことでデータが破損したり、SDカードそのものが壊れてしまうことは誰にでも起こりうること。
そうした自体になっても焦らないよう、カードの中身は定期的にバックアップを取っておくことをおすすめします。


またデータ復旧業者の中には、SDカードを取り扱っているところもありますので、大切なデータをどうしても取り戻したい場合は、実績のある、デジタルデータリカバリーに依頼してみましょう。


ページトップへ