• トップ
  •  > 
  • SDカードのデータ復旧の方法

SDカードのデータ復旧の方法

SDカード内のデータが破損し、読み書きが出来なくなった場合は、デジカメなどの機器でSDカードの初期化を行うと、再度使えるようになる場合もあります。
しかし初期化・・・特にデジカメなどの機器を使った初期化は、いわゆる完全フォーマットと呼ばれるもの。 これは、SDカード中にまだ復旧可能なデータが残っていたとしても、そこに「なにもデータがない」というデータを上書きしてしまうため、データを復旧させることが不可能となってしまうのです。


sd

そのため、SDカードが読み書き出来なくなったとしても、大切なデータを取り戻したいと考えているなら、初期化をしてしまう前に、市販のデータ復元ソフトなどを使って、データの復旧を試みましょう。
その際は、復元ソフトが取り出したデータを、そのままSDカードに書き戻さないように注意、書き戻しをしてしまうと、データが上書きされてしまい、結局欲しいデータが取り出せなくなってしまう可能性があるからです。


またデータ復元ソフトでSDカードの中身を見た際、ファイル名が表示されていても、そのファイルのデータそのものが上書きなどにより破損してしまっていると、復旧させることは出来ないので注意が必要です。


■データ復元ソフトを過信するべからず

とは言え、データ復元ソフトで取り戻せるデータは、間違ってファイルを消してしまったり、SDカードが不安だけど使えるような、軽い症状の時のみ。
不安定になったSDカードは、通電を続けることによって、どんどん症状を悪化させてしまう場合もあります。


データ紛失時の初期段階ならデータ復元ソフトに頼るのも良いでしょう。
また、SDカードの中身が戻ってこなくても良いのであれば、先にも述べた完全フォーマットを試したり、復元ソフトを使ったり、最悪、新しいSDカードを導入するのも、ひとつの手です。


しかしSDカードを電子機器やカードリーダーが正しく認識しなくなってくるなど、状況が悪化しそうな場合、またはカード内にしか大切なデータが残っていない・・・なんて場合には、自分でなんとかしようとせず、プロに依頼するほうが良い結果を得られますよ。


もちろん、このままにバックアップしているのが一番!
特に大切なデータは、一箇所だけに保存しておかずに、複数の媒体に保存しておくようにしましょう。


ページトップへ