• トップ
  •  > 
  • 自分で行うHDDのデータ救出

自分で行うHDDのデータ救出

パソコンが起動しない、電源が入らないといったトラブルが発生した場合、とりあえず中にあるデータだけでも今すぐ救出したいといったことがあると思います。

大切なデータであれば出来るだけ専門業者に復旧依頼を行うことをおすすめしますが、あまりお金をかけずに救出したいという場合、HDDを取り出して別のパソコンにデータを移動するという救出方法があります。


ここでは、その際に用意しておきたい機材についてご紹介します。


■データ復旧用のパソコン、または新しいHDD

できれば、故障したパソコンとは別にもう1台パソコンを準備しましょう。

用意するのが難しい場合は、OSをインストールするための新しい内蔵用HDDを準備しましょう。

内臓HDDを用意しての作業の場合は、故障したパソコンから取り出したHDDを先に取り外し、新しいHDDを取り付けます。

そしてOSのインストールを行って下さい。


間違って取り外したHDD(救出したいデータが入っているHDD)にOSのインストールを行ってしまった場合、データは上書きされてしまい復旧が困難になりますので注意して下さい。


・USB変換アダプターケーブル

取り出したHDDを、外付けHDDのようにUSBで接続可能にできるケーブルです。

USBにIDEを変換するもの、USBにシリアルATAを変換するもの、あるいはHDDのサイズによって2.5インチ用、3.5インチ用などのものがあります。

パソコンのパーツショップなどで2,000円程度で購入できます。

外付けHDDに内蔵HDDを変換するケースも同じ仕組みであるため、これを使っても問題ありません。

しかしながら、HDDの中には特殊なコネクタを使っているものもあり、変換アダプタがこのような場合は入手するのが難しいこともあります。


・工具

デスクトップの一般的なパソコンの場合には、普通のラジオペンチとドライバーセットがあれば問題ありません。

長年使ったようなパソコンであれば、埃が内部に相当たまっているため、掃除機などがあるといいでしょう。


・静電気防止グッズ

静電気を防止する手袋やリストバンドを用意したほうが良いでしょう。

パソコンの内部で作業する場合に注意する必要があるのが静電気です。

HDDを取り外す場合に静電気が起きると、パソコンやHDDのマザーボードが壊れる場合があります。

静電気を除去する用品としてキーホルダータイプのものも最近はあるため、このようなものを準備するといいでしょう。


・ネジ保存用のケース

HDDを取り外す場合にはネジを多く外す必要がありますが、このようなネジを分けておくことができるように、ピルケースや小皿があれば便利です。


以上、くれぐれも自己責任で慎重に作業を行って下さい。

救出したいデータが重要なもので失敗がゆるされない場合は専門業者に依頼することを推奨します。


日本にはには大小100社以上のデータ復旧業者が存在しますが、最大手はデジタルデータリカバリーという会社です。

専門業者選びで悩んだら大手に依頼するのが間違いないかもしれません。


ページトップへ