• トップ
  •  > 
  • データセンターに預けているサーバーは自力でデータ復旧する

データセンターに預けているサーバーは自力でデータ復旧する

データセンターはサーバーを預かる事によって利益を得ています。

サーバーの安定動作を保つ事もサービスの範疇に含まれますが、それはネットワーク回線や適切な環境を維持するだけなのです。

預かっているサーバーが自然に壊れた場合には対応をする事はありません。

つまりサーバーが壊れる原因になり易いハードディスクの故障は、ユーザーが対応していく必要があります。


■バックアップデータの取得を行う

ハードディスクが壊れると保存されているデータが消失します。

そのデータがサーバーを動かす時に肝になるため、バックアップデータを定期的に取得する必要があるのです。

仮に新品のハードディスクへ交換しても、以前と同じ動作をする事が出来なくなります。

ハードディスクが壊れた時に備えて、データバックアップ作業を行うべきです。


■データセンターのサーバー故障のリスク

データセンターで運用しているサーバーが壊れると、関係しているシステムが全て停止します。

何かの異常を検知出来る警報装置を備えておくのも手段の一つです。

いずれにしてもトラブルの発生を確認してからが勝負になります。


データセンターの有償サービスを用いてサーバーを管理しているのは、相応の価値を備えているからです。

サーバーの動作が停止する事によって不利益を被る存在がいます。

サーバーは通常のパソコンと違って、多くの人がアクセスしているためリスクが大きいのです。


■データセンターにおけるデータ復旧作業

ハードウェアが壊れていると遠隔操作では対応しきれません。

よって作業員がデータセンターへ訪れて作業を行う必要があります。


まず行う事になるのは故障したサーバーの回収です。

その時に予備機を持ち込むという手段があります。

予備機に取得しておいたバックアップデータをリストアすればデータ復旧出来るからです。

本番機が運用している時と同じ状態を作り出す事が出来ます。


しかし予備機がレンタル品である場合には、早急に本番機のサーバーを修理しなければなりません。

メーカーによって修理されたサーバーは何もデータが入っていない状態なので、バックアップデータをリストアしてデータ復旧する作業が不可欠です。

その時には予備機のバックアップデータを用いると、最新の状態にデータ復旧する事が出来ます。


予備機と本番機のチェンジを行えば作業は完了ですが、データ復旧に関しては現場で行うべきではありません。

本番機を稼動一歩手前の状態にしておく方が、交換作業の時間を短縮する事が出来るからです。


データ復旧を行うタイミングを工夫するだけで、サーバーが使用出来ない時間は短くなるという事です。


ページトップへ