• トップ
  •  > 
  • データセンターで管理しているサーバーのデータ復旧

データセンターで管理しているサーバーのデータ復旧

重要なシステムをインストールするための機器であるサーバーは、部品を多重化する等の工夫によって長期的に安定稼動します。

サーバーは重要なシステムを支えるため、サーバールームの様な機械の運用に適した環境で管理するのが定石です。

ですがサーバールームを構築する事は全ての会社で行えるわけではありません。

パーテーションで区切って空調システムを導入する費用があったとしても、スペースの余裕がない事もあります。


自社内でサーバールーム用の空間を確保出来ない場合には、データセンターのサービスが役立ちます。

データセンターはサーバー運用のために開発された設備なので預ける場所として最適です。


■データセンターに預けていてもハードディスクは壊れる

データセンターで預ける事によって、サーバーは最適な環境で運用出来るようになります。

それが故障率の低下に繋がるのは間違いありません。

ですがどれだけ優良な環境でサーバーを運用していたとしても、機械は経年劣化によって壊れてしまいます。


サーバーは通常のパソコンよりも壊れ難いですが、記憶領域であるハードディスクは別です。

データの管理をし易くするためにハードディスクは1台だけが搭載されています。

そのハードディスクが壊れればサーバーは停止してしまうのです。

同時にシステムの稼動によって蓄積されたデータが失われてしまいます。


■サーバーのハードディスクのデータ復旧について

重要システムが動く事によって得られるデータは貴重なので、通常のパソコンよりもデータ復旧の重要性は高いと言えます。

それを考慮してサーバーの基本ソフトは、バックアップデータをリストアする機能を最初から備えているのです。

ただしサーバー機のハードディスクにバックアップデータを保存しておくと、中に保存されているデータが失われます。

そのためUSB接続のハードディスクの中に、バックアップデータを複製しておく等の工夫をすべきです。


USBハードディスクとサーバー機が同時に壊れるのは稀なので、リスクマネジメントの効果があります。


■サーバーをメーカーに送ってもデータ復旧が行われない

サーバーは非常に高い値段で取り引きされているコンピュータなので、購入と同時に保守契約へ加入します。

サーバーのハードディスクが壊れてしまった時も、保守契約に加入していれば無料で修理対応をしてくれるのです。

しかし故障したハードディスクの中に保存されているデータは保証対象外になります。

よってデータ復旧の必要性がある時は、独力で対応しなければならないのです。


保存しているデータの復旧にはそれ専門の復旧業者が存在します。

デジタルデータリカバリーではサーバーやRAIDといった復旧にも対応しており、多くの法人顧客で復旧実績があります。


万が一の事態には速やかにデータ復旧業者に相談することを推奨します。


ページトップへ